特定非営利活動法人 次世代サポート

平成26年度  川崎市すくらむ21
子育てほっとサロン 


「子育てほっとサロン」の様子をお伝えします

□5月 1日(木)  「かぶとを作ろう」

前の日は大荒れの天気でしたが、子育てほっとサロン当日は良い天気
になり、 9組の親子さんが遊びに来てくれました。
初めての親子さんは6組でしたが、お子さんはすぐ遊びだし、お母様達も
同月齢の グループでお話が弾んでいました。

ミニ企画:「かぶとを作ろう」
初めに「こいのぼり」を歌いました。 歌い終わるとお子さんから拍手を
もらいました!!
『いらかの波と雲の波・・・』の歌は、 お母様達は「知りません・・・」と、
聞いたこともないようで、 スタッフが歌うと「初めて聞きました」・・・。
いつごろから歌われなくなったのでしょう?

新聞紙、包装紙でかぶとを作りました。
作り方は簡単。折るだけです。
初めてかぶとを作ったお母様達、 さっそくお子さんにかぶせていました。
折り紙でこいのぼりもおりました。

次回6月5日 ミニ企画「こどものしつけってなあに」
しつけ?なんでしょう?気軽なミニ講座です。
遊びに来てくださいね。

□6月 6日(木)  「子どものしつけってなあに」

 梅雨空の鬱陶しいお天気にも関わらず、今日は初めての親子さん4組を
含め、 15組の親子さんが遊びにいらっしゃいました。お子さんたちは
乳児さんが多く、 みんなそれぞれ気に入ったおもちゃを手に、すぐに遊び
始めました。
外はぐずぐずした空模様でしたが、お子さんたちはみんなニコニコ!
お天気とは裏腹に、良いご機嫌で楽しく過ごしていました。

ミニ企画:「子どものしつけってなあに」
 小笠原惣領家礼法研究所の講師による家庭でのしつけについての
お話をしました。
企画名は(しつけ)と固い題名でしたが、内容はプリントをお渡ししたので、
それに沿って 進めました。
 時々笑い?を交えながらの「しつけとは…」のお話でしたが、
お母様たちは本当に 真剣に注意深く聞いてくださり、時々ハッとされたり、
顔が強張ったり(*^m^*) 、 ウンウン頷いたりと、しっかりと内容を受け止めて
くださったようです。
「しつけ」とは何か、何のため、誰のため、誰がするの?等々…
今がチャンス、挨拶からはじめましょう!
ミニ講義の最後のころには、お母様たちの顔に明るさが戻ったようです。
育児、しつけの参考になればいいのですが…。

企画の前には、絵本「だるまさんが」を読み、みんなで揺れたり、
紙芝居を見ました。
「だるまさんが」の絵本シリーズは、お子さんたちは本当に大好きですね。
読み聞かせをしているスタッフの顔も、お子さんたちの笑顔につられて
ニッコリです。


次回7月3日 ミニ企画「リトミック」 
みんなで体を動かして、暑い夏を吹き飛ばしましょう!音楽とリズムに
乗って、 親子で一緒に楽しく遊びませんか?
ご参加をお待ちしています。

□7月 3日(木)  「リトミック」

梅雨の合間の曇り空ではありますが、夏らしく暑い日が続くようになって
きました。今日のほっとサロンは、毎回人気の企画だけあって、初めての
親子さん16組を含め、全部で39組、お子さんは41名という、とてもたくさんの
親子さんが遊びに来てくださいました。
会場の都合上、入場人数を制限させていただく場面もありましたが 、
見学だけでも…ということで、結局ミニ企画時には最多人数になりました。
少々窮屈ではありましたが、スタッフの声掛けに皆さん気を付けてくださり、
大人数の中でも楽しい時間を過ごすことができました。

ミニ企画:「リトミック」
専門の講師によるリトミックを、幼児さん、乳児さんのクラスに分かれて
行いました。
幼児さんたちのクラスでは、スタッフ手製のマラカスを手に、みんなで歌を
歌いながら、リズムを刻みました。講師の歌に合わせて、上手にマラカスを
振りながらみんなノリノリ、ご機嫌です!
マラカスの次は、お母さんも、お子さんも一緒になって歌に合わせて
体全体を使って遊びました。

まだ一人で歩けない乳児さんたちのクラスでは、お子さんたちはお母さんの
膝の上で、手遊び歌を歌いながらリトミックを楽しみました。みんなで車座に
なって体を揺すったり、手を動かしたり…どのお子さんのお顔もニコニコです。

音とリズムを体全体で楽しむリトミックは、大人も子どももみんな大好き!
時間がたつのも、あっという間ですね。

次回8月7日 ミニ企画「かみしばいやさん」
絵本の読み聞かせのプロが登場します!紙芝居ならではのファンタジーの
世界を、一緒に楽しみませんか?是非、遊びにいらしてくださいね。



□8月 7日(木)  「かみしばいやさん」

真夏の猛暑にもかかわらず、今日は祖母の方を含む、15組の親子さんが
遊びに来てくださいました。暑い中歩いてこられたお母さんたちは、ちょっと
一休み…でも、お子さんたちは元気一杯!すぐに遊び始めました。
今日は乳児さんと2歳さんのお子さんたちでしたが、それぞれお気に入りの
おもちゃを見つけて、ご機嫌の様子でした。

ミニ企画:「かみしばいやさん」
絵本の読み聞かせのプロによる「かみしばい」をみんなで楽しみました。
「はじまりはじまり〜」の声とともに始まったかみしばい。2歳さんたちは
お座りしながら、お母さんと一緒にじっと見ています。
絵本とは違った、場面が変わる時のワクワク感や、臨場感あふれる声は、
やはりかみしばいならではの面白さですね。長編、短編と二つのお話を
聞いて、楽しそうな様子のお子さんたちでした。

かみしばいの後は、今度は「新聞紙シアター」の始まりです。
新聞紙をいろいろな形に折りながらお話は進んでいきます。お母さんにも
参加してもらい、まず始めは「海賊の帽子」です。上手に出来上がった
海賊の帽子をかぶって、記念撮影しているお子さんもいらっしゃいました。
海賊船が火事になって、次は消防士さんの登場です。「消防士の帽子」を
かぶった小さな消防士さんの活躍で無事に火が消えた「海賊船」は、
今度は嵐にあって難破してしまいます。そして…たどり着いた島でみんなが
手にしている「難破船」は…なんと「Tシャツ」に変わってました!
次々に変わっていく新聞紙に、お子さんたちは興味津々、ニコニコです。
新聞紙1枚で出来る「新聞紙シアター」、是非覚えて帰って、お家でも
楽しく遊んでいただけたらと思います。

最後は来ていたTシャツをびりびりに破いて、紙ふぶきを作りました。
思い切り破った新聞紙は散らしてみたり、丸めてボールを作ったり…。
新聞紙でゴルフクラブを作って、丸めたボールで遊んでいるお子さんも
いました。
たくさん遊んだあとは、みんなでお片付けです。スタッフがビニール袋を
広げると、散らかした新聞紙をお子さんたちが上手に拾って、入れて
くれました。

次回9月4日 ミニ企画
「子育て 何でも相談〜発達・お母さんのホームケア 病気編」
子育てで、ちょっと聞いてみたいことや、みんなはどうしてる?などなど
どんなことでも結構です。専門のスタッフがお話を伺ってお答えします。
ご参加をお待ちしています。


□9月 4日(木)  「子育て なんでも相談
                  〜お母さんのホームケア 病気編 」

9月に入って夏も一段落のお天気の中、今日はサロン初参加の4組の親子
さん含め、 15組の親子さんが遊びに来てくださいました。
今月は特に0歳、1歳のお子さんが多く、サロンはゆったり和やかなムードに
包まれてお母さんたちもゆっくりとにこやかにお話をされている様子でした。
まだ首の座らない小さな赤ちゃんたちも、お母さんに抱かれたり、ねんねを
しながら サロンの雰囲気に馴染んでいるようでした。

ミニ企画:「子育て なんでも相談〜お母さんのホームケア 病気編」
小さいお子さんが大好きな「だるまさんが…」の絵本の後に、お母さんの
ホームケアについてサロンスタッフの看護師から説明させていただきました。
これからの季節、特に秋冬に多く見られるお子さんの病気や、体調が悪い
ときの お世話の仕方、気を付けたいこと、また感染予防のための手洗いの
方法や、 いざというときに覚えておきたい小児救急の情報など、チラシを
お渡ししながら お話いたしました。
皆さん、とても真剣に聞いてくださり、説明の後も個々にいろいろなご質問を
いただきました。

季節の変わり目、大人も夏の疲れが出やすい時期です。
秋冬に向かって、小さなお子さんの体調管理に注意していただくときの
お母さんのホームケアに役立てていただければと思います。

ミニ企画の後は、ボールテントや木製のレールをつなげてつなげて
電車遊びを するなど、みんなで楽しく過ごしました。

※「子育て なんでも相談〜発達」については、次月に変更とさせて
いただきました。

次回10月2日 ミニ企画
「プレパパ・プレママ集まれ!〜子育て 一人で抱え込まないで」
「子育て なんでも相談〜発達」
これからパパやママになる人たち、是非サロンに遊びにいらして
みませんか?
赤ちゃん生まれる前に、サロンで小さなお子さんを持つ親子さんと交流を
持ったり、 いろんな子育てのお話を聞いたり…。赤ちゃんを迎えてからの
生活が よりイメージ できるかもしれません。
また、日常のちょっと気になる子育てのことなど、サロンの専門のスタッフが
子育ての様々な質問にお答えします。
ご参加をお待ちしています。

□10月 2日(木)  「プレパパ・プレママ集まれ!
                  〜子育て 一人で抱え込まないで 」

段々と過ごしやすく秋らしいお天気になってきました。
今日は初参加の親子さん7組を含めた23組の親子さんが遊びに来てくだ
さいました。今月も0〜1歳のお子さんが多くサロンの中はゆったりのんびり
自分のペースに合わせて遊ぶお子さんたちのにこやかな笑顔に包まれた
時間となりました。

ミニ企画:「プレパパ・プレママ集まれ!〜子育て 一人で抱え込まないで」
今日の専門講師は、保育士で心理相談員、いろいろなところで育児相談の
お話をしている先生から、子育てについてお母さんからのお話やご質問を
交えつつお話させていただきました。
まず始めは、先生の楽しい歌をみんなで聞くところからスタートです。
歌に合わせて、お猿さんがバナナをモグモグ・・・美味しそうに食べてしまい
ます。お子さんたちは、食べられてなくなっていくバナナを不思議そうに
見つめています。紙皿を使ったこの歌は、お母さん方にも人気です。

楽しい雰囲気になったところで、乳児さんと1〜2歳のお子さんたちに分か
れて、まずは乳児さんからお話させていただきました。
和気あいあいのムードの中、お母さんと一緒に「ラララぞうきん」を歌って
親子で楽しくスキンシップ!赤ちゃんはニコニコ、キャッキャッと良いご機嫌
です。そして、お母さんにお産前後の振り返りとして、「楽しいこと」「辛い
こと」 「びっくりしたこと」をお話していただきました。体験談を通じて、
お母さん同士 共感することや改めて発見することなど、思いも様々、
いろんなお話を伺う ことができました。
今回は、残念ながらプレパパ・ママのご参加はありませんでしたが、
これからパパ・ママになる方に是非聞いていただきたい、そんなお話
でした。 そのあとは、先生から1歳未満のお子さんの成長発達について
お話をして 乳児さんのクラスは終了となりました。

次は、1歳以上のお子さんたちのクラスです。
「一本橋こちょこちょ」の手遊び歌でお子さんたちの気分を盛り上げてから
お話に入りました。
これから幼児期を迎えるお子さんたち向けに、食事やあそび、ことばなど
生活面でのことや情緒の発達についてお話ししました。どの話も、みなさん
とても興味を持って聞いてくださり、そのあとは個々に相談をお受けしました
が、お母さん方からは食事についてのご相談が特に多かったようです。
今回、0歳、1〜2歳向けにお配りした成長発達のご案内も、是非ご参考に
していただければと思います。

期待していたプレパパ・ママのご参加は、残念ながら今回はありません
でしたが、来年2月にも「子育てが楽しくなる話」として企画していますので
是非、その折にはご参加いただければと思っています。

次回11月6日 ミニ企画
「わらべ遊び」
深まる秋の気配を感じながら、日本古来の遊び、懐かしい「伝承遊び」を
みなさんで一緒に楽しみませんか?
ご参加をお待ちしています。


□11月 6日(木)  「わらべ遊び 」

スッキリしない肌寒いお天気でしたが、今日はサロン初参加の親子さん
4組を含めた、21組の親子さん(お子さんは23人)が遊びに来てください
ました。
ようやく歩けるようになったかな?と思うような1歳くらいの乳児さんが
多く、今日もにぎやかなサロンになりました。

ミニ企画:「わらべ遊び」
今日は、昔からの伝承遊びの中でも、唄を歌いながらの「わらべ遊び」を
専門講師が紹介しながら、皆さんと一緒に遊びました。
若いお母様方の中には「ちょちちょちアワワ」や「上がり目」の唄は、
殆どご存じない方も多く、まずは講師がお手本を見せながら練習しました。
歌ううちに、段々と思い出される方もいらっしゃるようでしたが、お母様の
お膝に乗っての手遊び唄は、赤ちゃんには大人気!!小さな手を持って
もらいながら、歌うのがとても楽しそうで、大ニコニコの笑顔を見せて
くれました。
「茶壺」の唄は皆さんご存知でしたが、赤ちゃんを喜ばす「コツ」を
お伝えして、みんなで一緒に歌いながら遊びました。

身体を動かしながら、みんなで遊ぶわらべ歌も楽しみました。
「花いちもんめ」は普通の歌詞ではなく、「犬になった○○ちゃんんが
欲しい♪」といった、動物に変身して相手の組に入るという、ちょっと
変わったバージョンをお伝えしました。まだ歩けない乳児さんでも、
お母様に抱かれながら、行ったり来たりの「花いちもんめ」を楽しみました。
「とおりゃんせ」では、スタッフが作る関所の下を、お母様に抱かれて
あるいは歩ける幼児さんは一人で、唄を歌いながら通りました。
お子さんたちは、最初、何が起こるのかわからないまま潜って
いましたが、唄の終わりになって、スタッフの関所につかまることが
わかるともうドキドキ!自分で歩けるお子さんは、「もう1回!」と
人気も上々で、みんなで楽しく遊ぶことができました。
また、今日は音楽の先生によるキーボードの伴奏もあって、とても
にぎやかな企画になりました。

次回12月 4日 ミニ企画
「クリスマス コンサート」
今年は、2人の音楽の先生登場してもらい、クリスマスの曲を奏でて
もらいます。ほっとサロンならではの、クリスマス コンサートに
遊びに来ませんか?皆さんのご参加をお待ちしています。




□12月 4日(木)  「クリスマス コンサート」

どんよりとした冬のお天気ではありましたが、今日のサロンには新規の
親子さん5組を含めた23組の親子さん(お子さんは25名)が遊びに来て
くださいました。
外は寒くても、クリスマスのデコレーションで華やいだサロンの中は、
小さいお子さんの楽しそうな笑顔にあふれていて、お母さんもお子さんも
ホッとひと時温まる、そんなムードに包まれた、和やかなサロンと
なりまし た。
そして、ミニ企画が始まる頃は、それに合わせていらっしゃる親子さんが
一気に増えて、サロンの中は一変して賑やかに!お子さんたちはいつも
と違うサロンの雰囲気に何となくそわそわ、ドキドキ・・・
さぁ、クリスマス コンサートの始まりです!

ミニ企画:「クリスマス コンサート」
今日は、音楽の専門講師2人によるクリスマスコンサートを行いました。
コンサートに先駆けて、まずは皆でミニリース作りです。新聞紙の芯に
アルミホイルを巻いて、その上からリボンやモールをくるくる巻き付けて、
鈴を付ければ完成!小さな手にも馴染む、可愛いミニリースの出来上
がり です。
ミニリースでクリスマスの気分が盛り上がったところで、今度は先生が
グロッケンシュピール(鉄琴)を鳴らします。ざわざわしていたサロンも
綺麗で澄んだグロッケンシュピールの音に、お子さんたちが段々と
静かになっていきます。「どこから聞こえてくるの…?何の音…?」
一生懸命耳を澄まして聞いているお子さんたちは、とても不思議そうな
表情です。そして、その音程に合わせて今度は皆で「グーチョキパー」
の歌、次いで先生の「まあるい卵」の歌です。
まあるい卵の中から出てきたのは…いろんな動物と音楽でした!
先生の「あわてんぼうのサンタクロース」の絵本の読み聞かせの後は
皆で合唱です。あわてんぼうのサンタさんに合わせて、先ほど作った
ミニリースを鈴代わりに振りながら、皆で楽しく歌いました。
続いて、サンタさんといえば、トナカイとそりです。サンタさんとトナカイに
変身したスタッフの姿に、ちょっとびっくりのお子さんたちも…。
初めて近くで見るサンタさんだったのでしょうか?でも「赤鼻のトナカイ」
そして「ジングルベル」でお母さんのお膝のそりに乗って遊ぶうちに、
すっかりご機嫌に!ジングルベルの曲とともに雪山を滑るそりは、早く
なったり、遅くなったり、時には崖を落っこちそうになったり!そり役の
お母さんたちもお疲れ様でした!
そりに乗って、無事に山の動物にプレゼントを届けた後は、皆で
「おもちゃのチャチャチャ」を合唱しました。
サロンに遊びに来てくださったお子さんたちにも、サンタさんから無事に
おもちゃが届くといいですね!
クリスマスコンサートの最後は、「きよしこの夜」をスタッフによる
キーボードとハンドベルで演奏、歌いました。

次回1月8日 ミニ企画
「知ってて良かった!お母さんのホームケア ケガ編」
お子さんの成長とともに気を付けなければいけないお家の中のポイント
や、いざというときの手当の仕方など、お子さんの安全のために、
お母さんに知っておいてほしいホームケアをお伝えしたいと思います。
ご参加をお待ちしています。

□1月 8日(木) 「知ってて良かった!
                   〜 お母さんのホームケア ケガ編」

新年あけましておめでとうございます。本年も昨年に引き続き、親子で
ほっと一息 楽しい時間を過ごしていただけるよう、スタッフ一同頑張って
まいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

冬晴れの中、今年初めてのほっとサロンは、新規の方を含む、12組の
親子さんが遊びにいらしてくださいました。お子さんは0〜1歳の小さい
お子さん方で、皆さんとても元気に遊んで行かれました。

ミニ企画:「知ってて良かった!お母さんのホームケア ケガ編」
ミニ企画に入る前に、小さいお子さんたちが大好きな「だるまさん」の
絵本をみんなで輪になって読みました。お母さんのお膝の上で、
右に左に揺れながら、伸びたり縮んだり・・・。
絵本をめくるたびに、お子さんたちのお顔がニコニコ笑顔になっていく
ようでした。

ミニ企画では、看護師のスタッフから、まずは家庭で起きる事故に
ついて、お子さんの成長と照らし合わせながら、どんな事故があるのか
内容を説明しました。ケガの手当の仕方を知っておくのはもちろん
大切な事ですが、小さいお子さんの場合には、何より事故の予防が
大切ですので、ご家庭で気を付けておきたいことなどをお話させて
いただきました。
次に、小さいお子さんに多く見られるケガの手当の仕方について、
まずお母さんに最初にしてもらいたいケアの内容や、注意することなど
をお話ししました。
打撲や傷、出血、誤飲、やけどなど、お配りした資料を基にいろいろ
ご説明したところ、みなさんとても真剣に聞いてくださり、お子さんも
とても静かにしていて下さったおかげで、気が付けばなんと50分
近くもお話していました。お母さんからのご質問も今日はいくつも
いただいて、みなさんで子どもの事故について、また、手当の仕方に
ついて、考えるいい機会になったのではないかと思いました。

次回 2月5日 ミニ企画
「子育てが楽しくなる話 プレパパ、プレママ集まれ!」
保育士、心理相談員の資格を持つ専門のスタッフによるお話です。
いろいろな子育ての不安やご質問など、豊富な経験からお答えさせて
いただきますので、子育て真っ最中のお父さんやお母さんはもちろん、
プレパパ、プレママも是非ご参加ください。お待ちしています。




□2月 5日(木)  「プレパパ・プレママ集まれ!
                  〜子育てが楽しくなる話 」

 今日は大雪の天気予報で、みぞれ混じりの雪が降る寒い朝でしたが、
それでも6組の親子さんが元気に遊びに来てくださいました。
お子さんたちは0〜1歳の乳児さんでしたので、サロンの雰囲気も
ゆったり、まったり…。みんな思い思いの好きなおもちゃで遊びながら、
落ち着いた時間を過ごされていました。

ミニ企画:「プレパパ・プレママ集まれ!〜子育てが楽しくなる話」
 ミニ企画に入る前に「どうぶつむらのひろば」のパネルシアターで
遊びました。
  先生の歌声に合わせて、みんなで動物の鳴き声を真似しながら、
歌を歌いました。小さなお子さんたちの中には、まだ見たこともない動物
もいて、興味津々な様子。次々に森のひろばに集まってくる動物の
親子たちにみんなニコニコ、とても楽しい時間になりました。

 ミニ企画では、専門の講師による子どもの発達と遊びのお話をしました。
小さいお子さんたちがどんなことに興味を持って、どんな遊びが好き
なのか、子どもの発達に合わせてご説明しましたが、遊びにいらしていた
お子さんたちが、ちょうど3か月違いくらいだったこともあって、それぞれの
成長の違いが良くわかり、先生のお話を聞いていたお母さんたちも
「うんうん」「ピッタリ!」と納得しきり。
また、「そうだったのか!」と新しい発見もあったようです。

 その他、「子どもは『穴』が好き!」というテーマで、先生自作の段ボール
箱のおもちゃを用意したところ、お子さんたちはボールを次々に穴に落とし
て 楽しそうに遊んでいました。
やっぱりお子さんたちは「穴」が大好きなんですね!
お家にあるような段ボール箱で簡単にできますので、いろいろ工夫して
楽しく遊んでいただければと思います。
ミニ企画の後には、お母さん方からいろいろなご質問をお受けしました。

次回 3月5日 ミニ企画
「楽しい音楽会」
 プロの演奏家による、本格的なクラシック音楽会を開催いたします。
普段、小さなお子さんがいてなかなかコンサートに行けないお母さん方、
是非遊びにいらしていただければと思います。また、間近で本物の楽器に
よる音楽を聴く体験も、小さいうちはなかなかできないことと思います。
是非、この機会にお子さんにも本物の音楽を体験していただければと
思います。皆さまのご参加をお待ちしております。

□3月 5日(木)  「楽しい音楽会 」

梅も咲き、ようやく春らしい陽気になってきました。お天気にも恵まれる中
今日は35組の親子さんの他、音楽会を聞きにいらして下さった方が数名
いらっしゃいました。
いつにもましてにぎやかなサロンの雰囲気と、これから始まる音楽会
への期待感も相まって、お子さんもお母さんもニコニコ、ソワソワ、
音楽会が始まるまでの時間も何だかとても楽しそうなご様子でした。

ミニ企画:「楽しい音楽会」
 ソプラノとヴァイオリン、チェロ、ピアノの三重奏による、お母さまのため
の本格的なクラシック音楽会を開催しました。
プログラムは全9曲
1.「オンブラ・マイ・フー」ヘンデル作曲(「ヘンデルのラルゴ」)
2.「カヴァティーナ」ラフ作曲
3.「リベルタンゴ」ピアソラ作曲
4.「星に願いを」ハーライン作曲
5.「アナと雪の女王」ベック作曲
6.「子守唄」シューベルト作曲
7.「アヴェ・マリア」マスカーニ作曲
8.オペラ『ジャンニスキッキ』より「わたしのお父さん」プッチーニ作曲
9.「花は咲く」菅野よう子作曲
アンコール曲 「LOVE LOVE LOVE」DREAMS COME TRUE

プロの声楽家、演奏家による本格的な音楽に、会場中が酔いしれる
ひと時となりました。普段は子育てに一生懸命、なかなかご自分の時間も
自由にはならないお母さま方にホッとひと時、楽しんでいただきたいと思い
企画した音楽会でしたが、お母さま方だけでなく小さいお子さん達にとっても
初めて生で聞くクラシック音楽はとてもリラックスできる時間となったのでは
ないでしょうか。お母さまに抱っこされながら、あるいはお座りしながら、
0〜1歳のお子さん達も最後まで聴いてくださっていました。

音楽会の後は、演奏してくださった皆さんから、一言ずつお話を
いただき ました。子育てをしながら音楽家として活動されていた苦労話も
飛び出したりして、今まさに子育て真っ最中のお母さま方へのエールを
いただいたように思います。

サロン始まって以来、初めての企画でしたが、終了後には参加して
くださった皆様から楽しかった、嬉しかったなどたくさんの満足のお声が
寄せられ、大盛況のうちに終了することができました。

今年度のほっとサロンは今日の音楽会をもって終了となりますが、
この1年間、多くのお母さま、お子さん方に遊びにいらしていただき、
本当にありがとうございました。スタッフ一同、心より感謝申し上げます。
平成27年度のほっとサロンも第1週木曜日を担当してまいりますので、
引き続き皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。